ウエイトトレーニングベルトってどんな意味があるの?

どーもー、全国の「ザ☆きんにくブログ」ファンの皆さん、こんにちは。

なかやまきんに君です。

今回は、ウエイトトレーニング中にほとんどの方が使っている『ベルト』についてのお話です。

ジムでトレーニングをしていると、腰に『ベルト』を巻いている人を見かけると思います。

なんとなくトレーニング上級者の人が使っているような気もすると思いますが、最近は初心者の人でも、女性の人でも使っています。

スポンサードリンク



そんな『ベルト』についてですが、トレーニング初心者の方にも、女性の方にもオススメの情報があります。

まず、あの『ベルト』は正式には『ウエイトトレーニングベルト』といいます。(そのままかい 大爆笑)

トレーニー達が腰に分厚いその『ウエイトトレーニングベルト』を付けていますが、一体あの『ベルト』の意味とは???

今回は、そんな『ウエイトトレーニングベルト』についてのお話です。

オイ、オレの筋肉!!

『ウエイトトレーニングベルト』のお話を聞いて意味はあるのかい!?それともないのかい!?

どっちなんだい!?

あーーーーーーる!!(大爆笑)

さぁー、という事ですが、

『ウエイトトレーニングベルト』をつける理由は、「ケガ予防」「トレーニング効率アップ」、そして「精神的な安心」と大きく分けて3つあります。

1、『ウエイトトレーニングベルト』でケガ(腰痛)予防

脊椎の肋骨下から骨盤までの腰椎という部分は人体構造上、大変不安定なんです。

その不安定さをサポートするのが腹筋群や背筋群なんですが、トレーニング中は日常生活以上に負荷をかける為、腰に負担がかかりやすくなります。

そこで、腹筋や背筋でしきれないサポートを、この『ウエイトトレーニングベルト』がしてくれるという事になります。

『ウエイトトレーニングベルト』を締めると、腹圧が上がり、少し腹筋や背筋に力を入れただけで、お腹はもちろん、腰に1本ビシッと筋が入った感覚があります。

よって、トレーニング中に不安定な姿勢になっても、腰を安定させ、ケガの予防になるという事になります。

IMG_7202

2、『ウエイトトレーニングベルト』でトレーニング効率のアップ

筋肉を成長させる条件の1つに、「過負荷の法則(オーバーロードの法則)」といって筋肉に何らかの刺激(負荷)を与えなければいけません。

簡単に言うと、筋肉により強い刺激を与えると、より強くなろうとします。

しかし、上級者でもハードにトレーニングをしていると、時には正しいフォームが崩れてしまう事もあります。そこで『ウエイトトレーニングベルト』が役に立ちます。

これは、体幹部をしっかりサポートしてくれるので、バランスを崩しやすい「スクワット」や「デットリフト」を行う際も腰を安定してくれるので、左右シンメトリーに力を発揮しやすくなり、自分の力をよりバーベル等に伝える事ができます。

よって、扱える重量が上がればトレーニングの効率も上がるという事になります。

スポンサードリンク



3、『ウエイトトレーニングベルト』で精神的に安心

「トレーニングはハードにやりたいが、ケガのリスクは避けたい。」皆さんそうですよね。

もし、ジムでいつも使っていた『ウエイトトレーニングベルト』を忘れたら、大丈夫かなと不安になると思います。その不安がある中、いつも通りの集中力でトレーニングを行うのは難しいです。

ケガはいつ起こるかわかりませんので、「転ばぬ先の杖」のように、あるのとないのではトレーニングへの集中が全然違うと思います。

今は大丈夫だけどと思う人でも、僕はまだまだ初心者だからと思う人も安全なトレーニングの為にはオススメ致します。

まとめ

ウエイトトレーニングをやっている人で、一番多いケガは「腰」を痛める事ではないでしょうか。

もちろん肘、肩、そして膝のケガも避けたいですが、腰を痛めてしまえば、ほぼ全てのトレーニングが出来なくなってしまい、とんでもなくテンションが下がります。

僕も一度、アメリカ筋肉留学中にスクワットで腰を痛めた事があります。

その時は、アメリカのゴールドジムで、隣にあの有名ボディビルダーの「ケビン・レブローニ」や「クリス・カミアー」(一体誰なんだい!? 爆笑)がいても、ノーリアクションになる程テンションが下がったのを覚えてます。

簡単にまとめますと、「ケガ」なく、「効率」よく、「安心」してトレーニングを行う為に『ウエイトトレーニングベルト』を使うという事になります。

ちなみにですが、僕は以前は『ウエイトトレーニングベルト』を使っていましたが、今は使わずにバリバリにトレーニングを行っています。(えーー!!? 使ってないんかい!! 爆笑)

なぜそんな事が可能なのか、、、(とても気になりますね)

その「ウエイトトレーニングベルトを使わない理由」も、また後日書かせていただきます。(←もう書いてるのかい!!)

あー、お笑いにもこんなケガを予防してくれるような『ベルト』ないかなー、、、

ほら、僕は舞台でスベって「お笑いではケガ」しまくってますからね。

やかわしわ!!(さすが 大爆笑)

以上

なかやまきんに君でした。

パワー

スポンサードリンク